×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安く賃貸不動産を借りる方法>毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法
中抜きで安く賃貸不動産を借りる方法
メニュー
トップページ
【基礎知識編】

中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識
【実践編】
大家に申し込む
管理会社に申し込む
仲介会社に申し込む
サブリース物件(借り上げ物件)を借りる
【おまけ】
おとり広告・おとり物件に引っかかったら
毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法

注意事項
○このサイトの作者は不動産業界の経験者などではなく一般人です。
 記述の正確性は保障できません。実行の際は自己責任でお願い致します。

○このサイトで使われている“中抜き”という言葉の意味は、仲介業者に物件を探させて契約の際に直契約するという意味ではなく、最初からできるだけ仲介業者などの不動産業者に頼らずに自分で動いて賃貸不動産を探そうという意味です。
お勧め書籍

 部屋を借りるときに必要な知識を詳しく説明
 結構突っ込んだところまで書かれており、かつわかりやすく読みやいのでおすすめです。
毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法  このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近は自動引き落としに対応してくれるところも増えていますが、個人の大家などだとまだ毎月振込みを自分でしなければならないところが多いようです。

 毎月銀行で振り込み手続きをするのは手間ですし、振込みをたびたび忘れると滞納者扱いされ大家に嫌がられます。

 そこで便利なのが、楽天銀行の「毎月おまかせ振込予約 」です。
 「毎月おまかせ振込予約 」は、一度ネットで、振込日・振込金額・振込先を設定すると、毎月自動的に振込みを行ってくれる機能です。
 また、振込み日が休日の時は、前営業日に振り込むか、翌営業日に振り込むかという細かいところまで設定することができます。

 楽天銀行「毎月おまかせ振込予約 」設定画面



 他の銀行でも自動振込サービスがあるところはあります。
 例えば、三井住友銀行では定額自動送信《きちんと振込》という、定額振込サービスがあります。
 しかし、無料〜630円(振込先によって異なる。)の通常の振込み手数料の他に定額自動送金取り扱い手数料105円がかかり、振込み手数料が高くなってしまいます。
 ちなみに振り込み手数料無料で有名な新生銀行は、いまのところ自動振込サービスがありません。
 その点楽天銀行は他行宛の振込み手数料250円、楽天銀行口座を給与口座に指定すると毎月の振込手数料が3回まで無料と振込み手数料が安いです。

 また楽天銀行は、普通の銀行と違い、引越しの際の自動振込み設定の解除や家賃の料金・振込み先の変更などもネットで全て簡単に手続きできるのがメリットです。


楽天銀行

------------------------------------------------------
楽天銀行の「毎月おまかせ振込予約 」で家賃を支払うメリット

・毎月の家賃振込み手続きのわずらわしさから解放される
・振り込み手数料が250円/回(条件により0円)と安くなる
・ネットで簡単に自動振込みの登録・条件変更・解除が可能
------------------------------------------------------
トップページ
【基礎知識編】

中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識
【実践編】
大家に申し込む
管理会社に申し込む
仲介会社に申し込む
サブリース物件(借り上げ物件)を借りる
【おまけ】
おとり広告・おとり物件に引っかかったら
毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法