×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安く賃貸不動産を借りる方法>中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識
中抜きで安く賃貸不動産を借りる方法
メニュー
トップページ
【基礎知識編】

中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識
【実践編】
大家に申し込む
管理会社に申し込む
仲介会社に申し込む
サブリース物件(借り上げ物件)を借りる
【おまけ】
おとり広告・おとり物件に引っかかったら
毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法

注意事項
○このサイトの作者は不動産業界の経験者などではなく一般人です。
 記述の正確性は保障できません。実行の際は自己責任でお願い致します。

○このサイトで使われている“中抜き”という言葉の意味は、仲介業者に物件を探させて契約の際に直契約するという意味ではなく、最初からできるだけ仲介業者などの不動産業者に頼らずに自分で動いて賃貸不動産を探そうという意味です。
お勧め書籍

 部屋を借りるときに必要な知識を詳しく説明
 結構突っ込んだところまで書かれており、かつわかりやすく読みやいのでおすすめです。
中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識  このエントリーをはてなブックマークに追加

 どうすれば良いか説明する前に、まずアパートやマンションを契約する時の賃貸不動産に関わる業者を整理したいと思います。

アパートやマンションを借りるときの流れ

 アパート・マンションを借りる場合、わたしたち借主からみて賃貸物件へ申し込みするときに、多くの場合2社の不動産会社を経由して持ち主である大家さんに申し込むことになります。
 業者を通せばそれだけマージンが多くとられることになります。
 ごく単純に考えれば、これらの会社を中抜きして、できるだけ図の下の大家に近いところに申し込めば仲介手数料などの初期料金や家賃が安くできる可能性が出てきます。

 実践編では実際に各々に申し込むときの基礎知識と上手な申し込み方を説明します。
トップページ
【基礎知識編】

中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識
【実践編】
大家に申し込む
管理会社に申し込む
仲介会社に申し込む
サブリース物件(借り上げ物件)を借りる
【おまけ】
おとり広告・おとり物件に引っかかったら
毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法