×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安く賃貸不動産を借りる方法>サブリース物件(借り上げ物件)を探す。
中抜きで安く賃貸不動産を借りる方法
メニュー
トップページ
【基礎知識編】

中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識
【実践編】
大家に申し込む
管理会社に申し込む
仲介会社に申し込む
サブリース物件(借り上げ物件)を探す。
【おまけ】
おとり広告・おとり物件に引っかかったら
毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法

注意事項
○このサイトの作者は不動産業界の経験者などではなく一般人です。
 記述の正確性は保障できません。実行の際は自己責任でお願い致します。

○このサイトで使われている“中抜き”という言葉の意味は、仲介業者に物件を探させて契約の際に直契約するという意味ではなく、最初からできるだけ仲介業者などの不動産業者に頼らずに自分で動いて賃貸不動産を探そうという意味です。
お勧め書籍

 部屋を借りるときに必要な知識を詳しく説明
 結構突っ込んだところまで書かれており、かつわかりやすく読みやいのでおすすめです。
サブリース物件(借り上げ物件)を借りる  このエントリーをはてなブックマークに追加

 サブリース物件(借り上げ物件)とは、不動産会社が大家からアパートやマンションを丸ごと借りて借主にまたがししている賃貸物件です。

 通常、賃貸物件は大家が貸主として借主と契約し、管理会社は代行で家賃徴収や物件のメンテナンスをしているにすぎませんが、サブリース物件(借り上げ物件)は管理会社が大家から賃貸物件を借りて借主にまたがししていますので貸主として契約は不動産会社とすることになります。

 このサブリース物件(借り上げ物件)のメリットは実際にその賃貸物件をまた貸ししている不動産屋と契約を結べば仲介手数料が不要なことです。
 仲介手数料とは不動産屋が貸主と借主の間をとりもつことで得られる収入なので、貸主である不動産屋は仲介手数料をとることができないのです。
 ただし、また貸ししている不動産屋へ直接ではなく、仲介業者経由で申し込むと通常通り仲介手数料がかかってしまうので注意が必要です。

 普通の素人の大家が経営している賃貸物件だと直契約を断られたり契約内容などがずさんになる可能性がありますが、このサブリース物件(借り上げ物件)の場合その心配がありません。

 仲介手数料を節約したい方は、サブリース物件(借り上げ物件)を管理している不動産屋に申し込むというのはかなりおすすめの方法です。

【安く借りる裏技】Googleマップでサブリース物件(借り上げ物件)を探す
 管理会社で借りるのページで紹介した方法でまず引越し希望先近くの管理会社を探し、サブリース物件(借り上げ物件)を直接取り扱っているか電話などで聞いてみましょう。
 自社でサブリース物件(借り上げ物件)を取り扱っている場合、部屋を空けておくとそのぶん赤字になってしまうので喜んで紹介してくれます。
 他社の仲介だと仲介手数料はとられてしまうのでくれぐれも注意しましょう

【安く借りる裏技】Yahoo不動産でサブリース物件(借り上げ物件)を探す
 Yahoo不動産のヘルプには以下の記述があります。

Yahoo不動産ヘルプ


 サブリース物件(借り上げ物件)など直接貸主が出稿していて仲介手数料が一切不要の物件情報には取引態様“貸主”と記述しているということです。
 そこでYahoo不動産の検索で“貸主”と検索してみると以下のように物件情報がたくさんでてきます。



 その中のキーワード検索結果を見ていくと貸主物件なので仲介手数料がかからないという物件を効率的に探していくことができます。
 賃貸不動産情報サイトではまずサブリース物件(借り上げ物件)だけを探すという機能は備わっていませんがこのように工夫すると効率的にお得な物件を探すことが出来ます。
 他のサイトでも“仲介手数料無料”“仲介手数料不要”などキーワードを工夫して応用してみましょう。
トップページ
【基礎知識編】

中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識
【実践編】
大家に申し込む
管理会社に申し込む
仲介会社に申し込む
サブリース物件(借り上げ物件)を探す。
【おまけ】
おとり広告・おとり物件に引っかかったら
毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法