×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安く賃貸不動産を借りる方法>大家に申し込む
中抜きで安く賃貸不動産を借りる方法
メニュー
トップ
【基礎知識編】

中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識
【実践編】
大家に申し込む
管理会社に申し込む
仲介会社に申し込む
サブリース物件(借り上げ物件)を借りる
【おまけ】
おとり広告・おとり物件に引っかかったら
毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法

注意事項
○このサイトの作者は不動産業界の経験者などではなく一般人です。
 記述の正確性は保障できません。実行の際は自己責任でお願い致します。

○このサイトで使われている“中抜き”という言葉の意味は、仲介業者に物件を探させて契約の際に直契約するという意味ではなく、最初からできるだけ仲介業者などの不動産業者に頼らずに自分で動いて賃貸不動産を探そうという意味です。
お勧め書籍

 部屋を借りるときに必要な知識を詳しく説明
 結構突っ込んだところまで書かれており、かつわかりやすく読みやいのでおすすめです。
大家に申し込む  このエントリーをはてなブックマークに追加

 大家は物件の持ち主なので家賃を含む諸々の料金やその他条件を決定する権限を持っています。
 なので交渉に自信がある人は、不動産屋に頼むより大家に直接交渉したほうが家賃や初期費用の値引きを期待できるでしょう。
 また大家に直接申し込めば、不動産屋の仲介業務が発生しないので仲介手数料を支払う必要がないというメリットがあります。
 しかし、大家自体は不動産の素人であることが多く与信や書類作成の手間またはトラブルを避けて不動産会社を通すように言われることもままあるようです。
 しかし、賃貸物件の管理をきちんとビジネスと考えており、直接契約でも応じられるよう勉強している大家も増えています。不動産屋に借主を紹介してもらうと、大家も不動産屋に広告費などの名目でお金を取られるため、直接契約を歓迎する大家もいます。
 また後述する不動産会社が一括で物件を借り上げているサブリース物件(借り上げ物件)に申し込む方法も、厳密にいえば大家に申し込むに含まれます。

 物件の大家は普通あまり表に出てこないので、物件の持ち主を調べるのが困難という欠点もあります。
 確実なのは知人経由で探すことでしょう。結構年配層では資産として賃貸不動産経営をしている場合が多く、意外と家族に相談してみれば知人にいるかもしれません。
 目当ての物件がある場合は、法務省で不動産の謄本を調べて目当ての不動産の持ち主を特定することもできます。ただ、いきなり飛び込みで直の申し込みに応じてくれるとは限らないので時間を無駄にするリスクがあります。

 大家に申し込む方法はもっとも安くなる可能性がありますが、相応の手間とリスクもある方法といえそうです。


【安く借りる裏技】大家さんとのマッチングサイト

 大家を探すのは大変だし、大家を見つけても直接交渉に応じてくれるとは限りません。
 そこで利用したいのが大家さんとのマッチングサイト
 不動産会社が広告を出している一般の賃貸不動産サイトと違い大家が直接物件情報を出しているサイトで、広告費も大手賃貸不動産情報サイトより格安なのでその分、家賃や初期費用など安い料金が期待できます。
 『 ダイレクトアクセス 』『 直談.com 』などが比較的有名です。
 その他、地元の情報が出ているサイトなどがあるかもしれないので検索して探してみると良いでしょう

 【検索例】
 “ 賃貸 仲介手数料無料 ”
 “ 賃貸 仲介手数料無料 【引越し先地域名】”
 など

Google
トップ
【基礎知識編】

中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識
【実践編】
大家に申し込む
管理会社に申し込む
仲介会社に申し込む
サブリース物件(借り上げ物件)を借りる
【おまけ】
おとり広告・おとり物件に引っかかったら
毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法