×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安く賃貸不動産を借りる方法>賃貸物件管理会社(元付(管理)不動産会社)に申し込む
中抜きで安く賃貸不動産を借りる方法
メニュー
トップページ
【基礎知識編】

中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識
【実践編】
大家に申し込む
管理会社に申し込む
仲介会社に申し込む
サブリース物件(借り上げ物件)を探す
【おまけ】
おとり広告・おとり物件に引っかかったら
毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法

注意事項
○このサイトの作者は不動産業界の経験者などではなく一般人です。
 記述の正確性は保障できません。実行の際は自己責任でお願い致します。

○このサイトで使われている“中抜き”という言葉の意味は、仲介業者に物件を探させて契約の際に直契約するという意味ではなく、最初からできるだけ仲介業者などの不動産業者に頼らずに自分で動いて賃貸不動産を探そうという意味です。
お勧め書籍

 部屋を借りるときに必要な知識を詳しく説明
 結構突っ込んだところまで書かれており、かつわかりやすく読みやいのでおすすめです。
賃貸物件管理会社(元付(管理)不動産会社)に申し込む  このエントリーをはてなブックマークに追加

 管理会社は大家から賃貸不動産の掃除や家賃の徴収などの仕事を代行している不動産屋です。部屋に空きが出たときには大家が管理会社に依頼することが多いです。
 大概、管理会社も仲介業務も行っており、自社でも借主を探すこともできます。しかし、自分達だけでは借主を探するのが難しいときなどは仲介会社にも依頼して広く借主を探します。

 管理会社は直接大家と接する立場にあるので、大家や賃貸不動産の内実にも詳しく、仲介会社経由よりは値引きの交渉などが期待できます。
 また、自社の管理物件に人が入れば管理収入として収益を得られるので仲介手数料などを安くまたは無料にしているケースもあり、こちらも値引きできる可能性があります。

 自分たちで管理している物件なので、物件そのものに関する知識は仲介会社よりも詳しいといえます。
 欠点としては自分たちの管理物件を優先的にすすめる傾向があることですが、自分の希望にあわない物件なら断れば問題ないかと思います。

 管理会社は物件の管理費という収益があるため仲介会社に比べると仲介手数料に頼る必要がなく比較的広告には直接お金を使っていないようです。
 不動産サイトや雑誌で希望にあった賃貸物件があったらすぐにそこに連絡するのではなく、直接赴き物件にかかっている看板から管理会社の名前を調べたり、また駅前などの地元密着型の不動産会社などへ目星をつけて当たってみることになります。


【安く借りる裏技】Googleマップで地元密着の賃貸物件管理会社(元付(管理)不動産会社)を探す。

現地に行って、管理会社やアパートやマンションにかかっている看板を探すのは大変です。
 そこで利用したいのがGoogleマップです。
 Gooleマップで引越ししたい地域の【駅名】+不動産管理などのキーワードを入れると、駅の近くの不動産屋がマップ上に表示されます。
 それをもとに不動産会社のサイトを見てみるなり直接問い合わせてみるなりすれば、よりスムーズに管理会社を見つけることができます。

 【検索例】
 “ 【駅名】+賃貸不動産 ”
 “ 【地域名】+不動産管理 ”
 など

Googleマップ

 
 同様にiタウンページも使えると思います。
トップページ
【基礎知識編】

中抜きで安く賃貸不動産を借りるための基礎知識
【実践編】
大家に申し込む
管理会社に申し込む
仲介会社に申し込む
サブリース物件(借り上げ物件)を探す
【おまけ】
おとり広告・おとり物件に引っかかったら
毎月の家賃振込みの手間がなくなる方法